「女性の体」カテゴリーアーカイブ

女性生殖器系の構造

女性の生殖器系は、内性器と外性器で構成されています。 乳房を生殖器系の一部と考える人もいます。 一方、他の部分は生殖器系の発達と機能に影響を与える可能性があります。

女性の外性器

外性器には、恥丘、大陰唇、小陰唇、バルトリン腺、およびクリトリスが含まれます。 これらの臓器が位置する領域は外陰部と呼ばれます。

外性器には 3 つの主な機能があります。

・精子を体内に入れる
・内性器を感染性微生物から保護します
・性的快感を与える

恥丘

恥丘は、恥骨を覆うふくよかな脂肪組織です。 思春期になると陰毛に覆われます。 恥丘には、性的誘引の原因となる物質 (フェロモン) を分泌する皮脂腺 (皮脂腺) が含まれています。

大陰唇

    大陰唇は、他の外性器を取り囲み、保護する、比較的大きく、厚く、肉質の器官です。 男性の陰嚢の部分に相当します。 大陰唇には、潤滑液を分泌する汗腺と皮脂腺があります。 思春期になると大陰唇にも陰毛が生えてきます。

    小陰唇

    小陰唇の大きさには個人差があり、非常に小さい人もいれば、幅が5cm程度の人もいます。 小陰唇は大陰唇の内側にあり、膣と尿道の開口部を囲んでいます。 小陰唇は血管が多いためピンク色をしています。 性的刺激を受けると、この領域の血管がうっ血し、小陰唇が腫れて刺激に敏感になります。

    女性の外性器
    女性の外性器

    バルトリン腺

    膣口と肛門の間(大陰唇の奥)を会陰といいます。 会陰の長さは約2~5cmです。

    大陰唇と会陰は、体の他の部分と同様に皮膚で覆われています。 対照的に、小陰唇は粘膜で裏打ちされており、特殊な細胞から分泌される液体で常に湿っています。

    膣の開口部は膣口と呼ばれます。 性交時にはここから陰茎が挿入され、月経血がここから排出され、出産時に胎児もここから排出されます。

    刺激されると、膣口近くのバルトリン腺が性交に必要な潤滑液を分泌します。

    尿道(尿が膀胱から出る管)の開口部である尿道口は、膣口の上と前にあります。

    クリトリス(陰核)

    クリトリス(陰核)は、2 つの小陰唇の上端の間にある小さな突起で、男性の陰茎に相当します。 陰茎のように、クリトリスは性的刺激に非常に敏感で、勃起を達成することができます。クリトリスへの刺激もオーガズムにつながります。

    処女膜

    処女膜と呼ばれる粘膜は、生殖管への入り口である膣口の内側にあります

    処女の場合、通常、処女膜は膣の開口部の周りにしっかりとしたリングを形成しますが、開口部を完全に塞ぐこともあります.

    処女膜は生殖管を保護しますが、健康には必要ありません。 膜は最初の性交中に破裂するか、膜は弾力性があり破裂しない場合があります。

    運動中やタンポンや横隔膜の挿入中に処女膜が破れることもあります。 通常、破裂すると少量の出血が生じます。

    性交を行った女性では、処女膜が失われたり、膣の開口部の周囲の組織の小さなパッチに残ったりすることがあります。

    女性の内性器

    内性器全体が単一の経路 (生殖管) を形成します。 この経路は、次の器官で構成されています。

    • 膣 (産道の一部): 精子は、性交中に膣から放出され、分娩中に膣から放出されます。
    • 子宮:受精卵が胚から胎児へと発達する場所です。
    • 卵管:ここで精子が卵子と出会い、受精が起こります。
    • 卵巣:ここで卵が作られ、放出されます。

    精子はこの経路を上っていきますが、卵子はこの経路を下ります。

    女性の内性器
    女性の内性器

    膣は、成人女性で長さ約 10 ~ 13 cm の、筋肉質で伸縮性のある管状の臓器です。 外性器を子宮に接続しているものです。 膣は、性交時に女性側で最も重要な器官であり、陰茎が挿入される場所です。 精子はここを通過して卵子の方向に移動し、月経血と胎児はここから体外に排出されます。

    膣は通常、検査、性交、または出産時に押し開かれない限り、隙間なく閉じられています。 膣の下部 3 分の 1 は、膣の開口部のサイズを調節する弾力性のある筋肉に囲まれています。 オーガズムの間、この領域の筋肉は無意識にリズミカルに収縮します。

    膣は粘膜で覆われており、膣の内側を覆う細胞と子宮頸部 (子宮の下部) の腺から分泌される液体によって湿った状態が保たれています。 これらの液体の少量は、透明または乳白色のおりものとして排出されることがありますが、これは正常です。 出産適齢期の女性の膣には、しわやしわがあります。 思春期前および閉経後の女性の膣は滑らかです。

    子宮および子宮頸部

    子宮は、骨盤の真ん中にあり、前に膀胱があり、後ろに直腸がある、肉厚で筋肉質のナシの形をした臓器です。 子宮はいくつかの靭帯によって所定の位置に保持されています。 子宮の主な機能は、発育中の胎児を維持することです。

    子宮は次の部分で構成されています。

    • 子宮頸部
    • 子宮体部

    子宮頸部とは、膣の上部につながる子宮の下部の狭い部分です。 この部分は、内部検査時に観察できます。 膣と同様に、子宮頸部には粘液がありますが、子宮頸部の表面は滑らかです。

    子宮頸部は、子宮への精子の入り口であり、月経血が子宮から出る出口です。 通常は狭い子宮頸部が分娩中に広がり、胎児が通過できるようになります。

    排卵時を除いて、卵子が卵巣から​​放出されるとき、月経、および出産時に、子宮頸部は細菌の侵入に対する優れたバリアです。 ただし、性感染症の原因となる細菌は、セックス中に子宮頸部を通過して子宮に入る可能性があります。

    子宮の特に狭い部分の粘膜には、粘液分泌腺が含まれています。 この粘液は非常に厚いため、精子は排卵の直前まで通過できません。 排卵中、血中のエストロゲンレベルが上昇し、この粘液は透明で伸縮性があります。その後、精子は粘液、子宮を通って泳ぎ、受精が起こる卵管に入ることができます。 この間、子宮頸部の粘液産生腺は、精子を最大5日間、場合によってはそれ以上生き続けることができます。このようにして保持された精子は、子宮体部を上って卵管に移動し、そこで卵子に遭遇すると受精します。 ほとんどすべての妊娠は、排卵の 3 日前の性交から生じます。 ただし、排卵前6日以内、排卵後3日以内の性交でも妊娠する可能性があります。 一部の女性では、月経と排卵の間の時間が月ごとに異なる場合があります。 したがって、妊娠は月経周期のさまざまな時期に発生する可能性があります。

    子宮は、胎児が成長するにつれて膨張したり収縮したりする、厚くて筋肉でできた器官です。 分娩中、この筋肉の壁が収縮し、赤ちゃんを体外に押し出し、子宮頸部から膣へと押し出します。 妊娠可能年齢の女性では、子宮の長さは子宮頸部の長さの約 2 倍ですが、この比率は閉経後に逆転します。

    月経周期(通常約1か月)の間に、子宮内膜(子宮内膜)が厚くなる時期があります。 周期中に妊娠が起こらない場合、子宮内膜がはがれ、出血が起こり、月経が始まります。

    卵管

    子宮の上部から各卵巣まで、長さ約 10 ~ 13 cm の 2 本の卵管が走っています。 卵管と卵巣は直接つながっていません。 卵管の端は、指を伸ばした手に似た漏斗状の構造 (線毛) に広がっています。 卵巣から放出された卵子は、線毛によって卵管の比較的広い入り口に導かれます。

    卵管は、多数の細い毛のような突起 (繊毛) で覆われています。 これらの繊毛と卵管の壁の筋肉の動きにより、卵子は卵管を通って子宮に移動します。 通常、卵子は卵管で精子と出会い、受精が起こります。

    卵巣

    卵巣は、通常は真珠のような色をしたクルミ大の長めの楕円形の器官です。卵巣は靱帯によって子宮とつながっています。女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)に加えて、男性ホルモンが分泌されるほか、卵巣は卵子を作って放出します。未熟な卵細胞(卵母細胞)は、卵巣の壁の中にある液体で満たされた空洞(卵胞)に入っています。この卵胞には卵母細胞が1つずつ入っています。