「妊娠」タグアーカイブ

なんで睾丸が二つあるの?

通常、精巣(睾丸)は左右に1つずつあり、男性の陰嚢(玉袋)の中に収まっています。そこで、素朴な疑問です。なぜ精巣は2つあるのでしょうか?精巣は精子を作る器官で、妊活に重要です。外傷などで片方が故障しても、もう片方で補えるという考え方があるのでしょう。

自然の生殖腺

発生学的に言えば、男性の身体は女性と異なり、「人間の基本形」である。そのため、精巣が2つあるのです。つまり、胎児が母親の胎内で発育しているときは、男の子の精巣と女の子の卵巣は同じで、「生殖腺」と呼ばれています。

これが、Y染色体から性分化を誘導する遺伝子が発現すると、男の子になる。妊娠2ヶ月頃から、性腺は精巣に発達する過程でアンドロゲンを産生します。そして、妊娠9ヶ月頃になると、腹部にある精巣が尾骨(足の裏)を通って陰睾に下降する。女の子の精巣は、腹腔内で動かない卵巣に成長する。性器も同様で、女性の大陰唇が集まって外陰部に、小陰唇が縫い合わされて陰茎に、クリトリスが亀頭になります。つまり、女性のお腹にある2つの卵巣は、男性の体からぶら下がっている2つの睾丸に相当するのです。

睾丸停止の場合もある

しかし、新生児の中には、本来なら睾丸が2つあるはずなのに、1つまたは2つ欠損した状態で生まれてくる子がいます。これは「睾丸停止」と呼ばれるもので、睾丸の下降が不十分で途中で止まってしまうことを意味します。生後6ヶ月までは睾丸が自然に下降する可能性がありますが、1歳を過ぎると下降ができなくなります。放っておくと、がんや精巣につながる管や血管がねじれる「精索捻転」になりやすいと言われており、2歳までに手術をすることが推奨されています。

スペマン精子増量はこちらへ

また、睾丸がある場合とない場合があります。緊張や刺激で睾丸が高い位置に引っ込み、入浴時やリラックス時に恥骨包の位置に戻る「移動性睾丸」です。この場合、治療の必要はありません。

精嚢炎は早めに治療を

性的に活発な20~50歳代に最も多い症状は、「片側に2つの玉ができる」です。これは『精嚢炎』で、睾丸で作られた精子を一時的に貯蔵する精巣上体管(副睾丸)が弱り、袋状に腫れ上がります。陰嚢の腫れや痛みがない場合は治療の必要はありません。ただし、精巣がんの可能性もあるので、医師の診察を受けて確認することが大切です。

たまにはシャワーで睾丸の数を確認してみてください。